読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

club-kiritansu’s diary

倶楽部 桐箪笥へおこしやす!

ママ!私もう限界!!

ママ!私もう限界です!!

 

一つ紋の色留袖でいるのって無理!

 

ただただ、お茶引いてるわけじゃないんです!

 

私のニッチすぎる需要じゃ…

 

指名が入らないんですぅー!

 

 

 

私だって努力しました。

 

でも…五つ紋にしたら「格」が上がりすぎちゃうし、ママと同格になるなんて、さすがの私でも烏滸がましいことだって…

えぇ、わかってます。

 

だから一つ紋なら、訪問着さん姉さん達と同じフィールドで戦える!って思ったんですけど、

いざ席についたら私、胸のまわりに柄が全然ないから……

華やかさに欠けちゃうんです!

地味なんです!

 

かといって、三つ紋を入れちゃうと、

格的にお姉さん達を追い抜いちゃうことになるから、そこは…やっぱり…ねぇ…いれるわけにいかないしぃ……

三つ紋だと…

リオオリンピックの閉会式で都知事が着ちゃうレベルですから、ねぇ…

さすがにそうなると、ドン引きっていうか…ねぇ…

どこに行くんだ?みたいな…

東京オリンピックまで出番ないのか?!みたいな…

 

 

紋が入ってるからって、お客様もヘンに遠慮して、私のこと扱いづらいって避けてる気がするんです!

 

私、重たい女って思われていないですか?

私、お高い女って思われていないですか?

アフターも同伴も誰もしてくれないもの…

 

でも、私に紋が入っていない状態なんて、

それこそ「ありえない」じゃないですか!

私のアイデンティティーって、そこでしょ?!みたいな。

 

 

 

・・・えぇ、色留袖にも良いところがある?

黒留袖に飽きた既婚女性が結婚式で着たがるって??

 

・・・ママ、それ、あの人のことじゃないですか?

 

私、あのオバさん嫌いです!

でしゃばんじゃないわよ!って感じ。

 

結婚式の主役はあくまで新郎新婦であって、アンタじゃないのよ!

 

勘違いすんな!って思いません?

黒留袖は十分素晴らしい着物だわ。

既婚者なんだから、まずは格式を重んじなさいよ!

アンタに着せる色留袖なんたぁないわ!!! 

はぁはぁ……

 

 

・・・えぇ、結婚式に参列する親族姉妹が着られるからいいじゃないって?

 

ママ・・・慰めにもなってませんよ。

その組み合わせ、どれだけの可能性を秘めてると思われます?

 

とある姉妹がいたとしましょう。

その弟が結婚するとしましょう!

 

はい!アウトォオオオオオオー!!!

すでに「イ・キ・オ・ク・レ」の小姑がウロウロしてるってことですよね?

 

え?兄の結婚式にはって…?

そんな時は華やかな振袖ちゃんが活躍するでしょ?

もう!

この時点で!

私の出番、かなり少ないんじゃ………

 

 

えぇ、たしかに、たしかにその需要があることは認めます。でも、結婚式の時は三つ紋が基本になりますよね。 私、一つ紋ですから…少し格式下げていいYO!って感じで…

 

 

話、戻しますけど!

未婚かつ、振袖ちゃんを着るには既に十分ヤバいお年頃な姉妹。

だって、歳がそこそこいってるのに、私はまだ結婚してませんアピールって、この絶妙な年齢設定、どうしてくれるー!って思いませんか?

 

なんで晴れの日に公開処刑されなきゃならねぇんだよ!って…

親族勢揃いの舞台で、イキオクレの小姑っていうレッテル、どこで外すんだっていうね!

 

 

 

あ!あとですねーこの前、色無地ちゃん達と一緒にお茶席によばれた時なんですけどぉー、、、

 

 

 

『色留袖さん!ご指名入りましたー!』

 

『え?!ウソ!ママ〜久しぶりに羽織袴様ですよ!やったぁ〜♪いってきまーす!』